デモトレードの有効な使い方 | デモトレードと1,000通貨取引

デモトレード 1,000通貨 裁量トレード

私がFXを始めた10年前は今のようなデモトレード環境

 

無かったので、本当に最近はFXを始めやすくなりました。

 

デモトレードはその証券会社のシステムと全く同じ

 

システムを使えますので、これ以上の実践は無いです。

 

 

デモトレードでしっかり自分のトレードの検証を行い、

 

デモトレードで儲けることが出来たトレード手法で

 

リアルトレードを行えば失敗することは無いです。

 

こう言うと簡単ですが、なかなかこれが出来ないのが現実ですよね!

 

 

ではなぜデモトレードで出来たことがリアルトレードでできないのでしょうか?

 

まずデモトレードでしっかり検証できているかが問題でしょう!

 

デモトレードだとリアルのお金が動いていないので、

 

気軽にトレードしてしまいがちです。

 

たまたま気軽に行った手法で利益が出たので、

 

直ぐにリアルで試したりすると失敗します。

 

 

デモトレードリアルトレードと同じぐらい真剣に臨まなければ意味がありません。

 

加えてトレード手法もしっかり落としこむことが必要です。

 

例え裁量トレードを行うにしてもエントリーするタイミング、

 

エキジットするタイミングはしっかり定義する必要があります。

 

 

裁量トレードなので相場次第なんでしょと言う方が居ますが、

 

勝ち続けている裁量トレーダーの方は、裁量トレードと言えども

 

エントリーとエキジットのタイミングは明確化されています。

 

 

デモトレードはどうしてもいい加減に行ってしまうと言う方は、

 

1,000通貨単位でトレードできる証券会社でリアルトレードを

 

行った方が時間の節約になるかもしれません。

 

 

1,000通貨単位でしたらレバレッジを上げなければ、例えドル円で1円動いても

 

1ロットで1,000円しか動きませんので、含み損が出ても何とかなるでしょう。

 

 

どちらにしてもリアルトレードを行う前に、

 

自分のトレード手法厳格化検証は必須です。


【実績と安定したトレード環境でおすすめの証券会社】

[保全体制][約定安定能力]を考慮して下記の2社は揃えて置く必要があります。

【GMOクリック証券FXネオ】
GMOクリック証券【FXネオ】
5年連続でFX取引高世界第1位の実績 ⇒安定度No1
低スプレッドと高スワップポイントを兼ね備えている


【DMM FX】
DMM.com証券
FX取引高では毎年世界でTOP3に入る急成長の会社
FX口座開設で1万円キャッシュバックなどサービス多数

FX,初めて,儲かる,楽して,簡単

>>国内のオススメの証券会社はコチラから!<<


FXトレード勉強するには

FXで勝つためにはトレードの勉強は必須です。
自分のトレードスタイルを決めるにも実践勉強が必要になります。
有益な相場環境の情報は実践トレードに欠かせません。

デモトレードの有効な使い方 | FXで利益を獲得する方法

>>自分のトレードスタイルを確立するにはコチラから!<<


◆◇相場は常に動いているので、相場環境を常に把握しておくことも重要です。◇◆

>>最新のトレード情報をつかむにはコチラから<<

<FXで利益を得る戦略>の関連記事

損失 想定内 コントローン

FXで生活をしている方でもFXで損失を出したことが無い方なんて居ません。初心者の頃に損失を出したと言う訳では無く、儲けている方は現在でも損失は出しています。損失はそれだけFXに取っ手は身近なものです。FXで勝っている方にはいろいろなポイントがありますが、その一つに負けた時(損失を出した時)の対応が異なります。ではどこにFXで勝っている方と負けている人の差はあると思いますか?FXで負けている方は損失...

ロスカット マージンコール レバレッジ 希望的観測

FXは外国為替証拠金取引なので、証拠金が無いと取引が行えません。その証拠金を守るためにロスカットやマージンコールと言ったシステムが、どの為替業者のシステムにもあります。ロスカットやマージンコールがあるから安心して取引が行えるって方も居ますが、ロスカットになったら確実な仕損が発生しますし、マージンコールがかかるポジションは好転しない確率の方が高く、マージンコールがかかりそうになった時点で損切りをした...

レバレッジ メリット 魅力 危険

FXの最大の魅力はレバレッジを使えることです。レバレッジは「てこ」なので、「てこの原理」でもわかるように小さな力で大きな力を引き出すことにあります。FXは「外国為替証拠金取引」なので預け入れた「証拠金」にテコを掛けて大きな買い物(FXでいえば外貨)を購入することが可能になります。レバレッジをこんなに簡単に使える商品取引はFXぐらいであり、レバレッジはFXの最大の魅力です。株でも信用取引というものは...

資金管理 損益計算 規律 自分管理

FXで儲けるためには何が一番重要と思いますか?初心者の方はチャートの見方やトレードテクニックといいそうですが、FXでも儲けている方はみな「資金管理」が再重要と間違いなく言います。私もそう思いますし当たり前過ぎることです。「資金管理」は重要ですが、管理自体は難しいものではありません。トレードの損益計算は自分で行えるようになっておく必要はありますが、損益計算は数回自分でトレードを行えばわかります。その...

複利 出金 利益確保 アインシュタイン

FXではマメに出金しましょう!と言う方がいますが賛否は別れますね!確かにFXで利益が出てもそのままにしていたのでは、本当の意味で利益が確定された訳ではありません。次の日に証券会社が破綻して預け入れてあった自分の資産が引き出せなくなる事態も無くはありません。本当の意味でFXで得られた利益を確定させるためには、証券会社から自分の普通預金の口座に出金して利益を確定させる必要があります。自分の普通預金の口...

タイミング 注文 決済 エントリー,エキジット

FXトレードの基本は単純です。安いタイミングで外貨を購入して、高くなったら売り注文を出せば利益が出ます。逆にこれからトレードが下がると思えば、高い時に売り注文を出して、安くなったら買い注文を出しても利益を得ることができます。最初のうちは安いと思った時に買い注文を出して、高くなったら売り注文をする一方向のトレードだけ行った方が良いと言う方が居ますが、私的には両方行えるようになって置く必要があると思い...

トレイングストップ ストップロス

FXはシステム的に行えますので注文方法もいろいろあります。代表的な注文に「成行、指値、逆指値、IF、OCO」といった注文方法がありますが、これは自分のトレードスタイルにあったものを利用するに限ります。注文方法を決める前に自分のトレードスタイルを決めるのが先です。FXの注文方法は機械的ですし難しくないです。デモトレードで数回試してみれば動き方はわかります。特に裁量取引で行われる方は「逆指値=ストップ...

デモトレード 1,000通貨 裁量トレード

私がFXを始めた10年前は今のようなデモトレード環境は無かったので、本当に最近はFXを始めやすくなりました。デモトレードはその証券会社のシステムと全く同じシステムを使えますので、これ以上の実践は無いです。デモトレードでしっかり自分のトレードの検証を行い、デモトレードで儲けることが出来たトレード手法でリアルトレードを行えば失敗することは無いです。こう言うと簡単ですが、なかなかこれが出来ないのが現実で...

ローソク足 チャート 時間足 移動平均線

チャートにはいろいろな種類がありますが、勉強し過ぎると混乱してしまう原因にもなります。チャートの種類にはローソク足、移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD(マックディー)など、トレンド系指標やオシレーター系指標などさまざまな種類があります。そこにロウソク足と移動平均線を合わせたり、トレンド系指標とオシレーター系指標を合わせた使い方をすると無限のチャートパターンになります。初心者さんは何を使ったら...

ファンダメンタル テクニカル ダウ理論

相場の分析方法には大きく分けて2種類あります。テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、数十年前の先物取引などではファンダメンタル分析が主流でテクニカル分析は邪道と言われていた時代があったそうです。しかし現在ではパソコンとインターネットの発達で、テクニカル分析が完全に圧倒しています。テクニカル分析の方が実際のチャートの動きで判断する訳ですので、わかりやすいですし簡単にできそうな気もしますので人気...

トレードスタイル タイミング テクニカル 教材

FXの勉強をしていくと、もっと良いテクニカル分析方法は無いかと深みにはまってしまうことがあります。FXのテクニカルな指標に関する教材も沢山販売されていて誘惑も多いです。テクニカルの教材の販売ページは、巧みな話術のオンパレードなのでわかっていても買ってしまいたくまりますよね。確かに中には有効な方法も書かれていますが、その通りにトレードを行っても成功することは少ないです。それは何故でしょうか?それは自...

両建て 両建て取引 サヤ取り 難しい

FXのトレード手法の中に「両立て取引」がありますが、難しいですし賛否も分かれます。結論から言うと私は「両建て取引」は行わない方が良いと考えています。理由は単純で「両建て取引」はトレードを余計に難しくさせるからです。スワップ目的の長期ポジション保有者が、トレンドが急変して下落基調が始まりどこまで下落するのかわからない時にリスクヘッジとして反対売買の「両建て取引」を行う方法があります。確かに両建てを行...